Top > 文化 > NPO法人を設立したら・・・その後

NPO法人を設立したら・・・その後

NPO法人の設立を、真剣にしてくれる行政書士さんを発見したことは、私たちにとって幸運でした。
あなたはNPO法人をご存知でしょうか。特定非営利活動法人のことを指し、営利を目的とせずに、
さまざまな活動を通じて社会的な使命の実現を目指す団体のことをいいます。

NPO法人に特化した行政書士さんというものはなかなか存在しないでしょうが、あの先生は良いです。 
非営利と聞くと無償のボランティアを思い浮かべがちですが、必ずしも無償に限らず、必要経費や一定の範囲内で報酬を
受け取るようなことも可能です。
NPO法人設立にあたっては、営利を目的としない、10人以上の社員がいる、役員のうち報酬を受ける者が役員総数の3分の1以下であること、
特定の公職者や政党を推薦、支持することを目的としないといった要件があります。
NPO法人設立は、結局あの行政書士にお願いすることとなるでしょう。 
これらの要件を満たしたうえで所轄官庁へ申請の手続きを行い、所轄官庁の認証を受けて初めてNPO法人として認められることとなります。

文化

関連エントリー
英語についてNPO法人を設立したら・・・その後
カテゴリー
更新履歴
キャッシングの利用限度額は年収で決まってくる(2014年6月26日)
だんだんまた暑くなるけど...(2014年6月 6日)
彼のママに気に入られるテクニック(2014年5月 7日)
フラッシュモブでサプライズプロポーズ(2014年4月28日)
新創業融資制度について(2014年4月26日)